その業者、大丈夫? ポイントを押さえて騙されない!

>

不動産を貸したいのなら

不動産会社を選ぶポイント

不動産を賃貸物件にする場合、不動産会社を仲介にすることとなります。
その際に不動産会社を選ぶポイントを押さえておきましょう。

その不動産がある地域の情報に精通しているか。
広告宣伝などの営業力が高い会社であるか。
その不動産の管理委託が可能であるか。
サブリース契約をすることは可能であるか。

入居希望者への対応力なども重要視します。
入居者を斡旋してもらう為に、どのような募集活動をしてくれるか、しっかりと相談しましょう。
希望に一致しない入居希望者を仲介されないよう、希望は事前にきちんと告げておきましょう。

賃貸として出すには管理が必須ですが、管理委託が可能であるか確認をしましょう。
管理委託が出来ない場合は、その不動産管理を全て自分で行わなくてはいけなくなります。

サブリース契約については、別途ご説明致します。

「サブリース」とは?

サブリース契約とは、転賃借契約の事です。
不動産会社が借主となり、入居者との交渉や個別トラブルの対応も不動産会社が行うことになります。

サブリース契約の注意点は以下になります。
賃料収入が減少する。
賃料が減額される。
中途解約の可能性がある。
契約終了後にトラブルが発生する可能性。

不動産会社が借主となって全て行う訳ですから、募集や管理におけるコスト、空室によって収益が出ない時のリスクなどを見込んだ賃料設定となります。

契約賃料の減額や中途解約を求められる事もあります。
契約時に、それらの変更不可の特約があっても、求められる可能性はゼロではありません。

サブリース契約の終了後に、不動産会社が適切に処理していなかった場合はトラブルが発生します。
不動産の修繕費が掛かったり、入居者トラブルが解決していなければ、自身で対応しなくてはいけなくなります。