その業者、大丈夫? ポイントを押さえて騙されない!

>

土地を売却するのなら

大手業者のメリットとデメリット

支店も多く、幅広いネットワークを持つ大手業者。
その為宣伝などの営業活動も規模が大きく、しっかりと行ってもらえます。

情報も豊富に持っており、活動範囲も広くなります。

あやふやな事もなく、きちんとした書類を作成し、説明も明白です。
専門家もおり、不明点などはしっかりとサポートしてくれます。

評価も高いので、売却取引がスムーズに行われることでしょう。

ですが、規模が大きく幅広い分、地域密着という形にはなりづらいのが現状です。
その地域に対しての理解は、地元の不動産会社と比較すると劣ってしまうでしょう。

取り扱い物件も多いので、結論を急ぐ傾向があります。
価格の交渉にはあまり応じてくれないかも知れません。

なかなか売れない物件ですと、価格を下げることを勧められることもあります。
売却が決定した時に、思っていたよりもかなり安い価格で売る結果になってしまうこともあります。

中小業者のメリットとデメリット

地元密着型の中小業者は、その地域の情報に熟知していると言えます。
ですから、売主に有利な条件で話を進めてくれる業者が多いでしょう。

地域の情報に長けているという事は、かなりしっかりとした査定を行ってくれるという事です。
売却価格の設定もそうですが、売却が決まるまでのおおよその期間などの予想も可能です。

また、大手業者に比べて中小業者は、対応が親切丁寧であると言えます。
密着型だからこそ、親身になって対応してくれるのです。

ですが密着型であるが故、ネットワークの幅は大手業者よりも狭くなります。
地域以外の場所に宣伝出来ないですとか、販売力で言えば規模は小さくなります。

書類や説明なども、大手業者より曖昧な場合もあります。
親身にはなってくれますが、説明が曖昧ということもあるので注意しましょう。

また、大手業者よりも売却までにかかる期間が長い可能性があります。
売主としては不安に感じることも出てくるかも知れません。