土地を売却するのなら

ネットやテレビCMなどでもよく目にする大手業者。 昔からあり信頼のおける地域密着型の古い中小業者。 不動産売却を依頼するならどちらが良いのでしょうか。 どちらの業者にも、メリットとデメリットがあります。 それらを考慮した上で、契約を検討していきましょう。

不動産を売却するのなら

不動産を手放す際に、最初に検討するのは売却ですね。 不動産売却においての知識が無いという方も少なくないでしょう。 依頼の際にどこに頼んでも同じ、という訳ではありません。 失敗したり後悔したり、トラブルにならないように選びましょう。 悪徳業者と契約しない為の注意点とは?

不動産を貸したいのなら

所持している不動産を売却するのではなく、賃貸物件に出来る? 仲介業者として不動産会社と契約すれば可能です。 ですがただ貸せばいい、という事でもありません。 契約する上で覚えておかなければいけないことがいくつかあります。 快い取引が出来る不動産会社を選ぶポイントを知っておきましょう。

大手業者と中小業者のメリットとデメリット

土地のみを相続したり、建物を取り壊した後の土地を所有している場合、手放すのは土地になりますね。
不動産売却と土地の売却は、少々勝手が違うようです。

土地の売却の場合は、土地の取り扱いが得意な大手業者に依頼するのが良いようです。
業者によっては土地を購入してから、再利用の形で売却することもあるようです。

不動産売却の見積もりに関しては、複数社に依頼した方が良いとされています。
ですが、土地売却に関しては、1社に絞った方が良さそうです。
その分業者も一生懸命に動いてくれますし、相談にも乗ってくれます。
複数社に依頼してしまうと、判断材料になるような相談が出来ない状態になります。

相談が出来ないままでいると、売却に時間がかかるだけでなく、結果的に売れない可能性も出てきます。

土地の売却において不動産流通機構に登録せず、囲い込みをしている業者ではないかの確認が必要です。
仲介手数料の値引きを、自ら持ち掛ける業者も注意です。
これらのご説明は、別途させて頂きます。

売却する土地の相場を、ある程度調べておくことも大切です。
理由なく相場よりも高く査定してくる業者は怪しいです。
高い設定をすればするほど、売れなくなるのは目に見えています。

もし相場よりも高い査定をされたら、なぜその金額になるのかを問いただしてみましょう。
納得のいく理由をきちんと説明されれば大丈夫です。

様々なことを考慮した上で、納得がいかなければ契約は控えましょう。
新たな業者を探し、再度見積もり依頼から進めていきましょう。